ツイッターの「収益を得る」ボタンって何?ふぁぼマークとは何が違うの?

ツイッター

ツイッターに「☆収益を得る」というボタンができていて、いったい何なのか、気になっている人がいるようです。

今回は、ツイッターの「収益を得る」ボタンの意味は何か?検証していきたいと思います!

ツイッターの「収益を得る」ボタンとは何?

ツイッター

ツイッターの「収益を得る」ボタンは、投稿者が収益を得られる新機能「チケット制スペース」のためにできたものです。

チケット制スペースとは…ホスト(投稿者)が、有料チケット購入者だけが参加できる場を設定できるというもの。

ホスト(投稿者)に課金することで限定のコンテンツを楽しめたりするといったイメージの機能のようです。

このサービスのテストが6月23日から始まっており、一部のアカウントにのみメニューに「収益を得る」の項目が追加されました。

ツイッターも、ただつぶやくだけでなく、稼げるように進化しているようです!

しかし、この「収益を得る」ボタンを押しても、全員が稼げるようにはならないのだとか。

稼げるようになる、つまりホストになるための条件は以下の通り。

[box01 title=”チケット制スペースのホストになる条件”]

18歳以上

1000人以上のアクティブフォロワーを維持していること

過去30日以内に少なくとも3つのスペースを主催してること[/box01]

ある程度多くのフォロワーがいて、情報発信もまめにしている人が対象となるようです!

ツイッターの「収益を得る」ボタンに対するネットの声

ツイッターの「収益を得る」ボタンに対するネットの声はこちら!

急に現れた「収益を得る」ボタンに困惑している人が多いようです。

https://twitter.com/meguru_utau/status/1407612401936068613?s=20

☆マークは、以前「ふぁぼ」マークと呼ばれ、現在の「♡いいね!」マークと同じように、気に入った投稿に押すものでした。

それがお金に関するマークに変わってしまったことに悲しみを覚えるユーザーもいたようです!

「ふぁぼ」ボタンから「収益を得る」ボタンに変わった理由は?

「☆ふぁぼ(お気に入り)」は2015年に「いいね!」に変更され、使われていないマークだったことから、「収益を得る」ボタンに生まれ変わりました。

そもそも「ふぁぼ」ボタンは2015年に、Facebookの「いいね!」ボタンに合わせる形で変更になった経緯があります!

加えてこんな理由も。

ハートアイコンを使うことで、Twitterを始めたばかりのユーザーでも機能が分かりやすいことに加えて、言語や文化などを問わず世界中で広く使われているハートマークを採用することにしたそうです。また、調査の結果、星マークよりもハートマークを好む人が多いと判明しているとのこと。

引用:Gigazine

ハートマークの方が世界的に好まれていたからだということだったようです。

しかし「ふぁぼ」が廃止になった後も、愛着を持ち続ける人が多く、「いいね!」から「ふぁぼ」に戻すことのできる機能もリリースされたのだとか。

そんな「ふぁぼ」ファンからすれば、今回の復活はうれしいような、悲しいような…複雑な心境かもしれませんね!

まとめ

ツイッターの「収益を得る」ボタンの意味は何か?についての検証でした!

残念ながら誰でも使える機能ではなかったものの、将来的にはツイッターの収益で生活する人も出てくるかも?

これからのツイッターの動きにも注目しましょう!