吉岡里帆の出身地(地元)は京都市右京区太秦!実家の場所も調査!

吉岡里帆

様々な映画やドラマなどで活躍する吉岡里帆さん。

吉岡里帆さんの出身地(地元)は京都市右京区であり、どんなところか気になります!

今回は、吉岡里帆さんの出身地(地元)の京都市右京区について、実家の場所についても見ていきたいと思います。

吉岡里帆の出身地(地元)は京都市右京区太秦!

吉岡里帆さんの出身地(地元)は京都市右京区太秦(うずまさ)です。

吉岡里帆地元

京都市右京区は、京都市街にも大阪市街にも電車ですぐ出ることができる、アクセス抜群の地域!

枯山水庭園で有名な龍安寺、仁和寺、天龍寺や渡月橋などの歴史的名所も多く存在します。

吉岡里帆さんのおっとりとした雰囲気は、京都市右京区出身だからこそ育まれたのかもしれません!

吉岡里帆

吉岡里帆さんは春になると家の周りに観光客が増えるのが嬉しかったのだとか!

近くからも遠くからも、旅行に来られる方々が一番多い気がします。 そうやって街が人で賑わって、なんだかお祭り気分が日常で味わえるのが、私は好きで。観光客の人で彩られる街なんだな、というイメージが子どもの頃からありましたね。

引用:TRANSIT

地元の人の中には騒がしくなるのが嫌な人も多いかもしれませんが、吉岡里帆さんはむしろ逆のようです!

そして、太秦といえば、映画の街として知られる場所!

かつて時代劇映画の撮影所として、いくつもの映画会社がひしめき合っていました。

今でも東映と松竹の撮影所があり、映画村があることでも知られています!

吉岡里帆地元

吉岡里帆さんのお父さんが映像会社を経営していたこともあり、吉岡里帆さんも自ずと芸能界に憧れるようになったのでしょうね。

吉岡里帆さんの出身地(地元)が京都市右京区太秦であることは、インタビュー記事に記載がありました!

吉岡里帆

京都市右京区太秦。時代劇の撮影所で知られる街で彼女は生まれ育った。

引用:TRANSIT

吉岡里帆の地元・京都市右京区太秦にある実家の場所は?

吉岡里帆さんの地元・京都市右京区太秦にある実家の場所は、以下のいずれかだと考えられます。

吉岡里帆実家

太秦青木元町、太秦荒木町(一部)、太秦石垣町、太秦和泉式部町、太秦一ノ井町、太秦井戸ケ尻町、太秦奥殿町、太秦面影町、太秦海正寺町、太秦垣内町、太秦桂ケ原町、太秦桂木町、太秦上刑部町、太秦木ノ下町、太秦組石町、太秦小手角町、太秦下角田町、太秦下刑部町(一部)、太秦朱雀町、太秦椙ケ本町、太秦滝ケ花町、太秦巽町、太秦多藪町、太秦辻ケ本町、太秦中堤町、太秦西蜂岡町、太秦野元町、太秦蜂岡町(JR山陰線以南)、太秦東唐渡町、太秦東蜂岡町(JR山陰線以南)、太秦藤ケ森町、太秦松本町、太秦森ケ西町、太秦森ケ東町、太秦森ケ前町、太秦門田町

ずいぶんと範囲が広いように見えますが、地元・京都市右京区太秦は、街が細かく分かれているので、このような結果に。

吉岡里帆さんは、大学生の時まで実家に住んでいましたが、演劇を始めた後は東京と京都を行き来する生活を始めます!

吉岡里帆

大学の授業に出て課題を提出し、ほかの大学の演劇仲間と活動してから、深夜までアルバイト。それから夜行バスで東京へ行って、オーディションを受けてレッスンをして帰る。そんな生活を5年ぐらい続けました。

引用:UR

大学やサークル活動にしっかり参加しつつ、深夜までバイトをして夜行バスで東京へ…

この生活を5年続けて、ガッツが身についたのだそうです!

吉岡里帆さんはおしとやかなだけでなく芯の強さもあるんですね。

吉岡里帆

なぜ吉岡里帆さんの京都市右京区太秦の実家がわかったかというと、京都市立太秦小学校出身であることが判明したからです!

吉岡里帆さんが太秦小学校・中学校出身だと教えてもらったという、こちらのツイート。

太秦に住む子は全員太秦小学校が学区なので、間違いないでしょう!

まとめ

以上、吉岡里帆さんの出身地(地元)の京都市右京区太秦について、実家の場所についての調査でした!

吉岡里帆さんは着物も似合いそうですから、京都が地元というのは納得でしたね。

これからも活躍を応援していきましょう!