こがけんの元相方は誰?喧嘩別れでコンビ解散?イケメンと噂で画像も!

2020年のM-1グランプリで見事2位に輝き、人気急上昇中のおいでやすこが。

おふたりは実はコンビではなく、それぞれがピン芸人として活躍しているんです。

しかし、そのうちの1人こがけんには、元相方がいるという情報が。

今回は、こがけんの元相方は誰?どんな人?なぜ解散したのか?を調査していきたいと思います!

こがけんの元相方は誰?

こがけんの元相方は、「かんし」という方です。

かんし

芸人さんなのですが、知らない方も多いのではないでしょうか。

プロフィールを確認していきましょう!

本名:    野 寛志(の かんし)

生年月日:  1978年9月10日(42歳)

出身地:   京都府

出身大学:  慶應義塾大学法学部政治学科

所属事務所: NSC(東京校7期生)

同期:    ですよ。 もう中学生  スベリー杉田 など

ちなみに、松竹芸能の芸人さんにも「かんし」という方がいらっしゃいますが、その方とは別人です。

こがけんさんとコンビを組んでいた時は「かんし」と名乗っていましたが、現在は「ピストジャム」という名前で活動しています!

かんしさんは現在芸人としては、あまり目立つ活動はない様子。

かつては「下北芸ナイト」という主催ライブを多くやっていたようですが、2016年の8月20日の主催ライブを最後に、開催していません。

下北芸ナイト

今は、アイドルが出演するラジオ番組やイベントのMCが主な活動のようです。

芸人以外での活動はどうなのでしょうか。

実はかんしさん、「吉本アート芸人」を名乗り、第47回近代日本美術協会展で入選を果たしているのだそう!

そんなかんしさんの作品はこちら!

かんしの作品

鮮やかな色遣いで、とても素敵な絵ですよね。

他にもカレーアンバサダー、剣道2段など、多才な特技をお持ちのかんしさん。

こがけんさんとコンビを組んだきっかけはなんだったのでしょうか。

こがけんと元相方かんしがコンビを組んだきっかけは?

こがけんと元相方かんしさんがコンビを組むきっかけになったのは、大学が一緒で、同級生だったからです。

こがけんさんは慶應義塾大学商学部、かんしさんは慶應義塾大学法学部政治学科を卒業しています。

とっても頭が良いですよね。

このお二人の詳細な出会いはわかりませんでしたが、在学中にはコンビを組んでおらず、卒業後一緒にNSCに入学したということのようです。

現在と変わりなければ、どちらの学部も三田キャンパスにあり、お2人ともそちらに通っていたはずなので、サークルやバイトで出会ったのかもしれませんね。

こがけんと元相方かんしがコンビを解散した訳は?

こがけんさんと元相方のかんしさんは、2度コンビを結成し、2度解散しています。それぞれ解散理由は違うようです。

こがけんと元相方かんしの解散理由①

大学を卒業した2001年、NSCに入学し「マスターピース」というコンビを組んでいたお2人。

1回目の解散理由は、芸人をやっていることが親にばれるのを恐れたこがけんさんが仕事を断わり、その責任を取る形をとったからです。

一部では、親にNSC入学がばれて解散したという情報もあります。

就職せず、芸人の道に進もうとしたこがけんさんを、親御さんは反対していたようです。

こうして芸人の道をわずか4か月で諦めたこがけんさんは、板前修業を始めます。

というのも、こがけんさん実はけっこうな料理の腕前。

「やりすぎコージー」や「『ぷっ』すま」などでその料理の腕前を披露しています。

完全にシェフの顔です…!ご飯もおいしそう!

こがけんさんが板前修業をしていたのは下北沢の「都夏(ツゲ)」というお店。

都夏

都夏

下北沢駅から徒歩5分、値段が手ごろで雰囲気の良い居酒屋さんです。

このお店は焼き鳥や魚の煮付けが人気。

こがけんさんのイチオシは、みじん切りにしたたまねぎと海老のすり身をレンコンで挟み、大葉を乗せ天ぷら粉をまぶして揚げた「レンコンの海老すり身 はさみ揚げ」だそう。

こちらでこがけんさんは5年ほど修業を積んでいました。

こがけんと元相方かんしの解散理由②

その後、共通の友人の結婚式の司会をしたのをきっかけに、2008年に再度かんしさんとコンビ「ワンドロップ」を結成します。

しかし、2012年6月末に2回目の解散をします。

解散理由は、芸人活動において、2人の価値観や意見の相違が重なったからです。

このことが発覚したのは、テレビ東京「ざっくりハイボール」という番組でのこと。

「元」ワンドロップが解散直後、お互いの言いたいことを言い合う「芸人ガチ喧嘩」という企画に参加し、熱戦を繰り広げたのです。

友人の結婚式で漫才を矢って再結成したらしいのだがブランクあるこがけんに対して上からの態度で接するようになったというのがこがけん談。逆に「調子乗り」「キレる度に笑ってしまう」というかんし。

引用:lonely gong show

ばちばち火花が散ってますね…!

他にも、かんしさんがライブを増やしたいのに対し、純粋なお客さんが少なく勉強にならないことを理由にこがけんさんが嫌がったり…

こがけんさんが噛むとしつこくかんしさんに突つかれ、怒ると「何で怒ってるん?」と何度も聞かれるなど…

お互いの不満がだいぶ溜まってきていたようですね。

この番組の最後では、お互いを許すか許さないかジャッジをする場面がありますが、こがけんさんが背を向け、和解とはなりませんでした。

お互いの不仲ぶりに、思わず小藪さんが「今のは俺が悪い!」と謝まる程の不仲を爆発させたお2人…

ピン芸人になっていろいろすっきりしたかもしれませんね。

こがけん

それからというもの、こがけんさんとかんしさんはそれぞれが「ピン芸人」としての道を歩み、活躍をしています。

まとめ

以上、こがけんの元相方は誰か?なぜ結成し、なぜ解散したのか?の調査でした!

今やテレビで見ない日はないこがけんさん。

ピン芸人として活躍するまでには、かなりの苦労があったことがわかりましたね!

これからも、こがけんさん、そしておいでやすこがさんの活躍を応援していきましょう!